男性もヒゲ脱毛する時代。函館で顔脱毛するなら?

最近、女性だけでなく男性もヒゲ脱毛や全身脱毛が人気なんだそうです。函館では、あまりメンズ脱毛の広告を見かけないので知りませんでしたが、今年札幌から転勤してきた30代の同僚が教えてくれました。

彼もヒゲ脱毛をしていて、札幌の有名なクリニックでメンズ脱毛を受けてるそうです。いつもキレイにデザインされた整ったヒゲがとても清潔感があって、職場やお客さんにも人気があります。毎朝の髭剃りが面倒だったのと、格安で安心して通院できる医療脱毛があったので思いきって決めたそうです。

自分もいま全身脱毛してるので、毛が濃いところのチクッとした傷みを知っているので、濃くて密集しているヒゲは大変だろうなあと思い、つい聞いてみたところ、クリニックなので麻酔が使えるので平気なんだそうです。彼の話では、芸能人も多く通ってるので、メンズ脱毛がかなり一般的に普及してきてるそうです。

彼と話していると、つい自分の顔のヒゲが気になってしまって、最近顔の脱毛もしたいなあと思い始めたところです。

いま通ってるコロリーの全身脱毛には、顔は含まれていないので、新たにフェイシャルケアも追加したくなりました。どこの脱毛サロンも、全身脱毛プランに顔のお手入れが含まれていないんですよね。

顔の毛はそれほど濃くないので、産毛などは回数がかかるといわれていて、ツルツル肌になるまで10回から15回かかるそうなので、函館のどのサロンが良いか、また調べてみようと思います。

人気のミュゼ函館で脇脱毛とVIO脱毛

私の母は、すね毛や腕の毛もほとんどなく、ムダ毛のお手入れは両脇だけ。
バスタタイムに、ささっとケアするだけで済んでしまうので、本当にうらやましいなあとおもっていました。

それほどムダ毛に困っていない母ですが、最近気になってきたのが両脇の肌の黒ずみと介護脱毛。

長年、カミソリで処理してきたため、摩擦により両脇の肌が黒ずんできたのが気になるそうで、格安で両脇を脱毛できるミュゼプラチナムを知ってから興味をもったそうです。108円で、両脇とVラインを納得いくまで通い放題できる、ミュゼの人気プランです。

私もこのプランに当初魅力を感じましたが、どうしても全身脱毛にこだわっていたので、先月ポールスターにあるコロリーの方で契約しました。

でも、両脇だけだったらミュゼが一番安いですし、コロリー同様ほとんど痛みを感じない脱毛方法なので、母にも良いと思い、五稜郭へいく用事のついでに、いっしょにミュゼ函館店へいってきました。

若い人に人気のあるサロンかと思ってましたが、30代くらいのお客さんもいたので母も安心していました。

そこで驚いたのが、いまミュゼで実施中の「美容脱毛ぜ~んぶ半額キャンペーン」です。全身脱毛や部分脱毛などが、なんと半額でできちゃうんです!母が脇脱毛のほかに気になっていたハイジニーナのVIO脱毛も半額で、6回の施術が通常9万円が4万5千円!母は、まよわずVIO脱毛もすることに決めました。

VIO脱毛は、最近とても人気のあるパーツで、介護されるときに備えてアンダーヘアの脱毛をする40代以降の男女がとても増えているそうです。実際、私も介護の仕事をしていて、アンダーヘアがあると毛に汚物がついてしまって苦労するときがありますし、尿漏れパットや紙おむつをしていると、毛がない方が蒸れませんし、ニオイや衛生面でもVIO脱毛のメリットはかなりあると思います。

ある女性雑誌に婦人科の女医の方も書いていましたが、アンダーヘアは下着のない時代に体を守るために必要でしたが、現代ではまったく必要ないもので、ないことに越したことはないそうです。

なので、母も私もVIO脱毛には賛成なので、これから施術をすすめていって、暑い夏でも快適になるのが楽しみです。

 

函館で脱毛サロンコロリーを選んだ理由

函館にある脱毛サロンや医療脱毛を調べていたとき、この脱毛函館のwebサイトにある口コミや店舗情報を参考にしました。

その時からずっと気になっていた脱毛サロン「コロリー」を、先日開催された函館ポールスター誕生祭のイベントの際に、母と一緒にお店がどんななのか見てきました。母も、いま話題の介護脱毛に少しだけ興味があるようです。。

コロリーは2階フロアにあって、ダイソーや子供が遊べる施設、日本旅行などのお店が並んでいます。人が多い1階に比べると、かなり人が少なく静かです。

お店はガラス張りですが、人の顔の高さは見えなくなっていて、あまり中の様子はわかりませんが、去年4月にオープンしたばかりなので綺麗ですし、中のシャンデリアのような照明も素敵で、自分が通ってるヘアサロンの雰囲気によく似ています。
五稜郭にあるオフィスビルに入っている、ミュゼ函館店やレイビス、TBCなどのサロンとは異なり、明るくて清潔感もありますし、気軽に利用しやすい印象です。

2階駐車場の入口に、コロリーのパンフレットが置いてあったので頂いてきました。平日や土日祝日も朝10時から夜19時まで営業してるので、仕事帰りや休日にも通えるので予約も取りやすそうです。

でも、今回お店を見に来て一番気に入ったのが、ショッピングセンターの大駐車場を利用できることです。

ゆったりと停められるので、駐車が苦手な私には安心ですし、2階の屋上駐車場からコロリーのお店まですぐアクセスできるので、雨や雪の日も楽ですし、お手入れ後も誰にも会わずに車に乗れて、すぐ帰宅できます。いつも車で動いてるので、利用しやすい駐車場があることは、私にはとても大きなメリットに感じました。

お手入れで気になるのが施術の痛みですが、ジェルを塗って光を照射する、痛みが少ないSSL脱毛なので、私にも大丈夫そうに思えました。痛みが少ない分、脱毛するパワーが弱くなるので回数はどうしてもかかるかもしれませんが、格安の料金設定ですし、駐車場もあって通いやすいので、そこはカバーできると思いました。

今月10月のキャンペーンの34箇所全身脱毛プランでは、脚・腕・背中上・うなじ・脇・手・足に加え、デリケートゾーンのVライン・Iライン・Oラインが含まれます。かなり広範囲ですし、デリケートゾーンは痛みが出やすいそうなので、肌に優しいSSL脱毛ではじめてみようと思います。3回全身脱毛を3万円くらいでできるなんて、嬉しいです♪

正直、顔脱毛もやりたいのですが、まずは全身脱毛を試してみて様子をみることにします。うちの母も、私の様子を見てから介護脱毛をするかどうか決めるそうです。。

ところで、昨日は従妹をつれて五稜郭商店街主催のハッピーハロウィンワンダーランドへ遊びにいってきました!
魔女や動物など可愛いく仮装の子たちがいっぱいでした♪

ハロウィン当日は、カボチャクリームのモンブランを母と手作りして、ホームパーティをする予定です☆

 

函館ポールスターにあるコロリーで全身脱毛することに!

函館にある大手脱毛エステサロンは、4つあります。チラシやテレビでお馴染みのミュゼプラチナム、ミュゼの姉妹店で全身脱毛専門のコロリー、通い放題の全身脱毛レイビス、そして昔から針脱毛で有名な老舗TBCです。

地元の小さなサロンもアットホームな雰囲気でお手入れできる良さがありますが、転勤などで引っ越すことになった場合、契約が残っているともったいないので、全国チェーンのサロンにしたいと思ってます。

医療レーザー脱毛か光脱毛のエステサロン、どちらにするかも迷ったのですが、いろいろ調べてみてエステサロンの方を選びました。

理由は、まず料金が安くすむからです。
札幌や東京などの大都市へいくと、医療脱毛でも低価格で施術できる全国展開してる有名クリニックがいくつかありますが、函館ではまだそういった低価格で提供してる病院がありません。

あと痛みに弱い方なので、できるだけ痛みがすくない脱毛方法を選びたいと思ったからです。脱毛エステサロンで使われてる光脱毛の機種には3種類あって、SSC脱毛、IPL脱毛、SHR脱毛があるんですが、どれも痛みが少ないそうなので安心して通えるからです。

すでに札幌の銀座カラーでIPL脱毛でお手入れしてる親友によると、ほぼ痛みがなく快適にお手入れできると聞いたので、肌にやさしいといわれる光脱毛にしようと思ってます。

新しい次世代型SHR脱毛も気になるのですが、残念ながらまだ函館で扱ってるサロンは、まだないようです。

IPL脱毛を行っているサロンは、函館でレイビスとTBCです。レイビスは、函館で唯一全身脱毛通い放題のメニューがある安心感のあるサロンです。TBCは、針脱毛とIPL脱毛を自由に組み合わせできるユニークなメニューがありますが、口コミを読むと結構勧誘がすごいとあったので、ちょっとひいてしまいました。TBC函館五稜郭店がそうなのかはわかりませんが、全国にたくさん店舗があるため、そういうお店もあるのかもしれません。

社会人になってはじめて脱毛サロンへいくので、本格的にコースを決める前に、手軽に試すことができるお得なキャンペーンも魅力的です。いま気になっているのが、ミュゼ函館店の両脇とVラインを通い放題できる108円のものと、コロニーの3回全身脱毛ができるキャンペーンです。

どちらも追加料金なしで無理な勧誘もしないお店とうたっていますし、口コミでも評判が良いので体験してみようかなと思ってます!

全身脱毛にあこがれる函館在住のサユリです

函館市内で介護の仕事をしてる28歳女子です。
私の悩みは、ほかの子よりも毛が濃くて多いことです。。とくに、露出の多い腕や脚、顔の肌の下の産毛が気になって、中学生の頃から、除毛ムースやテープ、ワックス、カミソリのセルフケアが欠かせない生活でした。

クラスに同じように毛が濃い女の子がいて、自己処理をまったくしない彼女は、男の子にからかわれたり、いつも陰口を言われる対象でした。自分もそうならないように、毎日几帳面に処理をしていたので、そのせいか、脚のすねの毛穴が目立つようになり、顔のひげも濃くなったり、毛抜きのせいで埋没毛や炎症をおこすこともありました。

最近は、毛のせいで学校でいじめにあわないようにと、親が心配して子供を脱毛サロンへ連れて行くケースも多いそうです。

自分の場合、母とは気軽に相談できる関係ではなかったので、市販の商品を買ってきて、正しい除毛方法や肌への負担もわからないまま、とにかく毛のない状態にしようと躍起でした。。早くに脱毛サロンへ連れて行ってくれたり相談できる環境だったら、もっと自信がもてたり楽しい学校生活を過ごせたのになと思います。

それから、私がはじめて脱毛サロンへ行ったのが、高校生のときです。学校帰りに親友と五稜郭電停そばのTBCへ体験にいきました。毛のないスベスベ肌になることができる永久脱毛にあこがれていたので、TBCにしました。
一本ずつ電流を流すニードル脱毛は、静電気のようなパチンとした痛みで、なんとか耐えられる程度ではありましたが、左右の脇毛の本数と同じ回数の痛みを我慢するのはちょっときついかも・・っと思い断念しました。。それに、費用がとてつもなく高かったので、脱毛サロンは私には無理だと諦めました。

そのあと大学生のときは、肌に負担が少ないといわれるワックスで、ずっと除毛していました。ワックスは、ツルツル状態が2週間から1ヶ月ほど続きますし、はがした後、肌がしっとりするので気に入っていました。

社会人になってからは、パナソニックの脱毛器ソイエをヤマダ電機で購入して使っていたこともあります。毛穴が開いたお風呂上りに、手軽に毛をたくさん抜くことができたので愛用していました。でも、抜いたところの皮膚がはがれたように白くなるので、肌にはあまりよくなかったと思います。

このごろ北海道新聞の折り込みで入ってくるミュゼ函館店の広告やテレビでの宣伝をみて、以前よりもずっと通いやすい料金とサービスの脱毛サロンがあることを知って、自分にも通えそうに思えてきました。できたら今年中に通いはじめたいと思い、函館の脱毛サロンを調べるようになりました。いま気になっているのが、港町のポールスターにあるコロリーと、五稜郭にあるレイビスです。

今年の夏、5年ぶりのGLAY野外ライブで再会した札幌在住の親友も、いま銀座カラーという脱毛サロンで全身脱毛をしていて、サロンの選び方や脱毛効果について教えてくれました。函館には残念ながら、そのサロンはまだありませんが、函館にもある全国チェーンのサロンで、札幌でも評判のよいサロンも教わりました。

これから、私のようにムダ毛で悩んでる函館女子のために、このブログで脱毛情報についてシェアしていこうと思います!